2009年11月25日

EOS 5D MarkIIを肩に載せるショルダーサポートシステム! Cavision RS1580S-SPE Shoulder Pad with Rod System

EOS 5D mark II

デジ一眼で動画を撮影する機会が増えていると思いますが、カムコーダーと比較するとカメラが小型なので手振れがやっぱり気になってしまいます。前の記事で紹介したスタビライザーのFIG RIG 595Bも面白いのですが、業務用カメラの様な肩載せスタイルはいかがでしょうか?このシステムは、カナダのCavision社製 RS1580S-SPE Shoulder Pad with Rod Systemです(写真はクリックで拡大可能)。B&H Photo videoで174.95 US$



写真は撮影の都合上、三脚ヘッドに載せてますが、右側のコの字の部分を右肩に載せ、左側のグリップを右手で持ちます。そしてフォーカスはレゴで作ったフォローフォーカスで調整・・・・(^^;) 完全にマニアというか、オタクの世界ですね(笑)

 

正面からみた様子。グリップが一つしかないと使わない時に置くのが大変です(笑)買うならば左右のグリップが付いた物を買うのをお勧めします。

IMG_2176

クリックで拡大可能。 

 

Manhattan LCD HD Pro Monitor HD089Bも載せてみました。ショルダーパッドは外してあります。

IMG_2182

いままで手に持っていた物を肩に載せるだけで、撮影が非常に楽になります。撮影視点は、やや上になりますが、撮影を開始して5分を越えたあたりから発生するプルプルと震えてくる手振れ(笑)が無くなるだけでも、買う価値はあります。

 

ちなみに、海外から買うのは面倒という方には、SYSTEM5で左右のグリップ+液晶ビューファインダー付きのショルダーサポートシステムを取り扱っているみたいです。

CA-RS5DM2SET-S

 

自作レゴよりもずっとスムーズで高級なフォローフォーカス付きのモデルもあります。

CA-RS5DM2SET-F

0 コメント:

コメントを投稿

Search