2021/11/11

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星 [COMET 67P/Churyumov-Gerasimenko]

 明るい67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星 67P*は、ちょっと前から撮影しているのですが、丁度今頃は夜半すぎに光害の影響を比較的受けにくい天頂付近に見えていますので、自宅から撮影してみました。

67P/Churyumov-Gerasimenko

*2014年にヨーロッパ宇宙機関 (ESA) の探査機ロゼッタが周回軌道に到達、着陸機フィラエによる世界初の彗星着陸が行われた彗星として有名。

この写真はUV/IRカットフィルターのみ使用しているので、光害地特有の色かぶりが酷いのですが、1ヶ月前に見た時よりもだいぶダストテイルが伸びていました。青色のイオンテイルは彗星核の周囲にほんのりと見えています。ただASIのCMOSカメラだとあまり色がよくないような気がします。EOS系のデジ一眼レフで撮影したほうがきれいに写ると思いますよ。

彗星のナトリウムテイル?

そしてこちらは67Pをナトリウムバンド589nmフィルターで撮影した画像です。ダストテイルと一致しているので、diffuse sodium tailというべきものでしょうか?ただし、文献によるとこの写真からダストテイル成分を引き算しないとナトリウムテイルといわないそうです。

SODIUM TAIL of 67P/Churyumov-Gerasimenko


こちらは2021/10/20 16:40:56 UTCに撮影した67Pです(スターリーナイトフィルター。長野県小海町で撮影)。視野の広さは異なります。それにしてもCMOSカメラのゴミが酷い・・・

67P/Churyumov-Gerasimenko


0 件のコメント:

コメントを投稿

大変貴重なコメントありがとうございました!