2009年5月27日

「EOS 5D Mark II」 マニュアル動画撮影をファームウェアで対応

デジカメwatchより引用です!

 EOS 5D Mark II

キヤノンは27日、デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark II」の動画撮影機能において、マニュアル露出が可能になるファームウェアを6月上旬に公開すると発表した。



ファームウェアを更新することで、動画撮影時のISO感度、絞り値、シャッター速度が任意に設定可能になる。キヤノンでは、主に動画を撮影するプロユーザーからの要望に応えたものとしている。これまで、EOS 5D Mark IIでの動画撮影時は、ISO感度、絞り値、シャッター速度が自動で設定されるプログラムオートのみだった。

感度の設定範囲はISO100~6400およびH1(ISO12800相当)。ISO感度はオートにも設定可能で、その場合ISO100~6400で自動設定される。なお、「高輝度側・階調優先」を[する]に設定した場合の設定範囲は、ISO200~6400となる。H1を利用するためには、カスタムファンクションで「ISO感度拡張」を[する]に設定する必要がある。シャッター速度の設定可能範囲は、1/30~1/4,000秒となっている。

また、ISO感度、絞り値、シャッター速度のいずれも、電子ダイヤルを回すことで動画記録中に変更することもできる。

 

絞り値の変更については、皆さんNDフィルターなどを使ったりして苦労されていましたが、皆さんの声がキヤノンに届いたみたいですね!!まさか現行の機種をファームで対応してくれるとは!!(次世代の上位機種発表まで待つ必要があるかと思ってました。

 

Canon公式サイトのアナウンス

デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark II」ファームウェア公開に関するお知らせ

平素はキヤノン製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。
デジタル一眼レフカメラ 「EOS 5D Mark II」 において、動画撮影時にマニュアル露出撮影ができる機能を追加したファームウェアを6月上旬(予定)に公開いたします。

マニュアル露出撮影の主な仕様は以下の通りです。

ISO感度、シャッター速度、絞り数値が任意に設定可能
ISO感度設定範囲:Auto※1、ISO100~6400,H1※2
シャッタースピード設定可能範囲(1/30~1/4000秒)
※1
ISO感度をAutoに設定した場合は、ISO100~6400の範囲で自動設定されます。
ただし、C.Fn II-3高輝度側・階調優先を「1:する」に設定した場合は、ISO200~6400となります。
※2
H1はC.Fn I-3 ISO感度拡張を「1:する」に設定した場合に設定できます。
動画でのマニュアル撮影をご要望いただいているお客さまにおかれましては、ファームウェア公開まで、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

 

5 コメント:

  1. 情報ありがとうございます。
    初めて知りましたが今日発表だったんですね。
    そのうち対応するんじゃないかと思ってましたが、ついにという感じですね。ただ、マニュアルになったらなったで、きちんとした画を撮るための技術が問われることになりそうな気がしますが(笑)
    でも少なくとも予期しない挙動はなくなるので、それだけでも価値がありそうです。

    返信削除
  2. 噂によると6/2に公開とか?
    初代5Dのように、息が長くなる名機になる予感がしますね^^

    返信削除
  3. やっときましたねー
    recしてはあらぬ方向へカメラ向けてロック。recしては…を繰り返してたのを思い出すと少し泣ける。

    返信削除
  4. Mark?導入しました
    単純に感度固定、絞り優先では撮らせてもらえないみたいです
    ホールディング性も含め、研究が必要ですね
    ファイルの処理は、いったんMPEG2の25MBbpsへ変換して、BD再生する方向で検討しています
    また、よろしくお願いします

    返信削除
  5. bebe さん
    ついに購入されたんですね^^
    ビデオカメラと比較すると簡単には撮れないけれど、弄る分だけ仕上がりが物凄く良い物が撮れるので、実に奥が深いカメラです。

    返信削除

Search